大阪でのビデオ撮影と太陽に対する向き

大阪で待望のお好みを食べ、その食べている家族をビデオ撮影して大満足、そして大阪城へ・・・ここでちょっと待った!!です。

大阪城といえば屋外。

それも空に向かうように大阪城の全体を写したいというとき、気になるのが太陽の方向です。

逆光になった写真って見た事がありますよね。

カメラに補正機能などがないものだと、人物の顔が真っ黒・・・なんてことも。

やはりビデオ撮影でも、屋外で行う場合には太陽がどの向きにあるかを見て、順光で撮影するという事がポイントです。

人物の場合は、立体的にとらえたいので、少々斜め気味に光が斜めから差し込むように撮ると、立体的で美しい映像になります。

どうしても逆光でしか撮れないという場合、ビデオ撮影の前に逆光補正にしておくといいでしょう。

暗い部分にカメラの絞りが合うようになるので、補正をしないときよりもずっと美しくビデオ撮影が出来ますよ。

コメントは受け付けていません。